薬剤師になって良かったことと悪かったこととは?



薬剤師は大変な仕事なのになぜ目指す人が多い?


薬剤師は国家資格が必要なので、大学に通わなくてはいけません。薬科大学で6年間課程を修了した人のみ、国家資格試験に挑戦することが可能なのです。医療に携わるので仕方ないのかもしれませんが「薬剤師」という名前の割に苦労が多いという特徴があります。

そのため、薬科大学に通う生徒のほとんどが1度は「ここまで苦労して報われるのか」と考えることがあるようです。実際に志半ばで薬剤師の道を諦めた人も少なくありません。6年間課程を修了しても、年に1度の国家資格試験に合格しなければ、薬剤師として活躍することも出来ないのです。

しかし、大変ながらも薬剤師を目指す人が多いのはなぜでしょうか。その理由は人によって異なりますが誰もが口にするのが「転職に困らない」というものです。調剤薬局の求人はかなりの数がありますし、ドラッグストアの薬剤師募集であれば、調剤経験がなくても並以上の年収を得られます。ただし、薬剤師で年収数千万などはまず無理です。ですが、安定した収入を得ることができるので、収入面の良さで薬剤師になって良かったと考える人もいるようです。

特に妊娠や出産で一時的に職場を離れないといけない場合、薬剤師の資格さえ取得しておけば、調剤薬局、ドラッグストア、病院、さまざまな場所で仕事復帰ができます。すべての人ではありませんが、何らかの事情で一時的に職場を離れないといけなくなる場合もあります。そういった時も再度就職活動をする時に比較的楽だと答える人もいました。


【薬剤師の仕事に関するオススメリンク】
職場を離れた方でもう一度薬剤師として働こうと考えている方は、薬剤師専門の求人サイトが役立ちます。コンサルタントによる無料サポートも行っているので、仕事探しに最適です